読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒井麻衣子 officail blog

フリーランス秘書 酒井麻衣子の日常。

茨城県つくば市茎崎地域創生シンポジウムに参加してきました*

最近無農薬野菜にはまっている私。

畑、農業にはまっている、私。

 

2017年1月2日、愛知県豊田市の出会いから始まり、

つくばまで来ちゃった!

 

今回もいろいろなご縁がありました。

 

が、一番大事なことは、

市民団体Earth as Mother千葉メンバーの一員として参加したこと。

 

あっ。

私の、畑活動は、市民団体Earth as Mother千葉の中での活動なのです。

実は。

特定非営利活動法人Earth as Motherについては、

こちら。

http://www.geocities.jp/earthasmother/index.html

 

無農薬野菜に、玄米が美味しすぎです!!

ぜひ、食べてください!

買いたい方は、連絡ください!

 

そしてー、

畑作業したい方、ぜひ、お声掛けください。

 

今なら、ほうれん草、大根が収穫できます。

もしかしたら、人参も!

 

もうちょっとしたら、じゃがいもも収穫できるはず。

( ´艸`)

 

 

さて、本題に戻り、

 

今回、つくば市茎崎地域創生シンポジウムに参加させていただいた感想を。

 

びっくりしたことの1つは、

地元の方がきちんと参加していること。

ちらほらと、若い方も参加していること。

 

改めて、自分の住む町、地域、国、地球は、

自分たちで作っていくものだと実感しました。

 

当日は、司会進行やパネリストとして、

地元出身の方、そして、市長まで参加!

 

そして、

NPO法人Earth as Mother 農業部長の村野政章さんが

パネリストとして参加。

 

Earth as Motherの各エリアの実例をご紹介されていました。

私は、千葉県野田市で発足した、Earth as Mother千葉に所属するので、

こういった場面で事例として紹介されることをしり、

もっともっと、Earth as Mother千葉を活性化しなかれば、

各地域のお手本となる活動をしていかなければと、

背筋がピンとしました。

 

シンポジウムの中では、

実際の地元の方の声が寄せられ、

交通の不便さや、街灯についてなどなど、

普段の暮らしをよくするため、

現在、困っていること、不便だと思っていること等が、

シェアされました。

 

自分の地域をよくするために、

声に出して問題提起する姿勢が本当に素晴らしいと感じました。

 

声を聴くことの大切さ、

訴えることの大切さ、

それぞれの想いや意見を交え、地域をよくしていく、

地域を作るとは、

こういうことをいうのだと、大実感しました。

 

シンポジウムのあとは、懇親会にも参加させていただき、

 

シンポジウム主催者の方、村野さん、市長とパシャリ。

 

 

 

スクリーンショット 2017-03-09 21.11.03